1.PNG                                                                    詳しくはこちらへ                                                                                                           ↓  ↓  ↓  ↓                               宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法                                                                             

2018年01月20日

宅建取引士と税理士を比較!

税理士合格までの道のりは、平均3〜4年。宅建はそのあとに考えましょう。
税理士試験の試験科目は、必須の会計2科目(簿記論、財務諸表論)と、税法9科目の合計11科目。このうち5科目に合格すると資格を取得できます。税理士試験では一度合格した科目は一生有効であるため、平均3〜4年をかけ1科目ずつ揃えて合格を目指すのが一般的です。
ダブルライセンスを取得した場合、業務の中心が税理業務になることはすでにお話ししました。本気で税理士を目指すのであれば、大変ですが、宅建には目もくれず、当面は税理士一本の勉強に励むようにしてください。
posted by ヤマノ at 13:15| Comment(0) | 宅建 難易度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建取引士と行政書士を比較!

行政書士に合格するには、1年間みっちり勉強する必要があります。
行政書士の試験では、憲法、行政法、民法などの法令科目や政治・経済・社会などの一般常識を幅広く学びます。宅建の200〜300時間に対して、行政書士に合格する学習時間の目安は1000時間以上といわれています。行政書士に合格するには1年間みっちり勉強が必要になります。
また宅建取引士には就職と開業の2つの道がありますが、行政書士を取得するということは、開業者を目指すということです。どちらを目指すか迷われているようでしたら、まずは宅建がお薦めかもしれません。しかし開業資金のことを考えますと、資格を取った後に開業しやすいのは行政書士です。今の段階で、じっくり検討することをお薦めします。
posted by ヤマノ at 13:15| Comment(0) | 宅建 難易度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建取引士と簿記では、どちらが難しい?

宅建と日商簿記2級が同じランクです。
日商簿記2級の試験科目は「商業簿記」と「工業簿記」。仕訳や帳簿、試算表などの勉強が必要になります。
宅建とはまったく畑ちがいの勉強をすることになりますが、簿記2級の合格に必要な学習時間は、150〜200時間ほどで十分だと思います。こちらもまず宅建から取得しておくことが先決です。簿記の試験は年3回も受験のチャンスがあります!CDなどメディア教材を上手に使って学習すれば、仕事の合間を縫った勉強でも、ダブルライセンス取得を目指せるでしょう。
posted by ヤマノ at 13:14| Comment(0) | 宅建 難易度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1.PNG                                                                    詳しくはこちらへ                                                                                                           ↓  ↓  ↓  ↓                               宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。