1.PNG                                                                    詳しくはこちらへ                                                                                                           ↓  ↓  ↓  ↓                               宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法                                                                             

2017年01月13日

今後は更に難易度が上がるのか?

2015年から「宅建士」に名称が変更されたことで、試験内容や難易度、
合格率が変動するのかに大きな関心が集まっています。

結論からいえば、そうなることが予測されます。
しかし今すぐにではありません。
むしろ2015年の初年度に至っては、難易度は幾分優しくなることが予想されます。

また本試験の問題もこれまでと大幅な変更もないため、これから受験を考えている方は焦る必要はありません。
しかし長い目で見れば難易度は上がってくることが予想されるため、早めの取得をオススメします。
posted by ヤマノ at 17:13| Comment(0) | 宅建について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

士業に格上げの宅建!2017年から難易度は上昇する?

「宅地建物取引主任者」から「宅建取引士」に名称が変わった宅建資格。
毎年3万人が受験をする大人気の資格です。

「士業になったことで試験は難しくなる?」
「難易度が上昇するの?」など、人気資格の今後を解説します。
posted by ヤマノ at 17:12| Comment(0) | 宅建について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建士試験の平均的な勉強時間は?

他の資格との比較では、ファイナンシャルプランナー2級や簿記2級より若干上の難易度といわれていますので、これらの資格を持っている方は目安になるかもしれません。

もちろん全く勉強の内容は異なりますので、あくまでも目安程度です。

平均的な学習時間は200〜300時間くらいです。

宅建の試験科目の中では特に「民法」が法律初心者にとっては難関なので、法学部出身などで多少なりとも法律用語や法学特有の考え方などに馴染んでいればもっと短い時間でも大丈夫かれしれません。
posted by ヤマノ at 17:07| Comment(0) | 宅建 難易度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1.PNG                                                                    詳しくはこちらへ                                                                                                           ↓  ↓  ↓  ↓                               宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。