1.PNG                                                                    詳しくはこちらへ                                                                                                           ↓  ↓  ↓  ↓                               宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法                                                                             

2017年01月13日

法律系国家資格の中では合格率は高め

合格率だけで試験の難易度は比較できませんが、ほとんどの法律系国家資格の合格率が一桁台であるのと比べれば合格率は高いといえるでしょう。

また、宅建士試験特有の特徴として、不動産業界で働く方が不動産業界で働くのに必要な知識を身につけるためや、業務上の必要性から入社してから日の浅いうちに受験する(もしくは受験させられる)方もかなり多いため、受験者の中にはほとんど勉強できないまま試験当日を迎える方も少なからずいます。

よって、きちんと勉強した上で試験を受けた方の合格率はさらに高くなります。
posted by ヤマノ at 17:06| Comment(0) | 宅建 難易度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建士試験の難易度はどれくらいでしょうか?

宅建士試験は法律系の国家資格の中では、入門的な存在で比較的難易度は低いと考えられています。

毎年17万〜20万人が受験し、合格者は3万人程度で、合格率は15%〜17%台となっています。
posted by ヤマノ at 17:06| Comment(0) | 宅建 難易度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建は「士業」なかでは新入生

表から分かるように、他の国家資格と比べると宅建はかなりハードルが低いことが分かります。

そもそも宅建が「士業」の仲間入りをしたのは2015年4月と最近のことです。

それまでは、「宅地建物取引主任者」だった名称が「宅地建物取引士」になりました。

これは「宅建」の社会的地位向上を狙ったものと言われています。

また、上位の士業はその資格だけで独立開業して事務所を構えるような大型資格ばかりなので、決して宅建が簡単な資格というわけではなく、簿記2級やFP2級などのビジネスに役立つ検定と同程度かそれ以上の難易度と言われいてます。

決して気を抜かずにがんばりましょう!
posted by ヤマノ at 17:04| Comment(0) | 宅建について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1.PNG                                                                    詳しくはこちらへ                                                                                                           ↓  ↓  ↓  ↓                               宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。